futoshi_suga Posted by

こんにちは、菅原です。
第2回のカレー投稿となりました。
今回も家カレーなのですが、少し前にラーメン屋さんで食べたカレーラーメンが美味くて感動したので、
自分でも作ってみようとチャレンジしてみました。

今回は試行錯誤しながらですが、その時の様子を記事で紹介していこうと思います!
※今回も技術のお話は全くございませんので、ご了承ください

今回のカレーについて

今回はラーメンです!いや、カレーかな。
ちなみに、先に完成したものを紹介しちゃいます。

豚骨スープをベースにしてコクをしっかり押し出しつつも、カレーのスパイシー感を残したラーメンに仕上げていきます。
豚骨なので、前回の健康を押し出したカレーよりは罪悪感強めですが、美味しければ心の清涼剤?としてむしろ健康にもいいのではと思います(苦し紛れ)

ただ、豚骨を煮込むのは不慣れだったり、試行錯誤しながら今回は色々試しながら作ってみました。
そのため、今回はレシピ紹介というよりは、作ってみた!系の内容になります。

材料の紹介

今回の材料は、スパイス以外の材料はスーパーで購入してきました。特別なお店でしか買えないものは、日常的に作れないのでなるべく使わないようにしてます。
ということで、材料はこちら!

※写真にない材料もあります
◆豚骨スープの材料
豚骨(お店に背ガラしかなかった…530g購入)

ネギ頭(臭み消しで入れてみた)
りんご
生姜
にんにく
八角(スターアニスとも言われる中華系スパイス)
花椒(麻婆豆腐なんかに入っている痺れを感じる中華系スパイス)
醤油
岩塩(ピンク岩塩を使いました)

八角は特徴的な甘い香りがするので、豚骨臭さを抑えるのに入れてみました。

花椒は痺れを出す目的ではなく、出汁を出すのに使ってます。
以前何かで見た情報ですが、山椒の痺れは麻痺するから痺れているのではなく、山椒の成分?で舌が敏感になるから痺れてるように感じるらしいです。
舌が敏感になった状態だと塩味を強く感じられるので、塩分を抑えるので出汁として使おうという魂胆です。

◆カレーの材料

・カレーのベース用具材
玉ねぎ(訳あってすりおろしを使用)

トマト
生姜
にんにく

・トッピング用具材

白ネギ(ネギ頭用に買ったネギを使用)
わさび菜(葉物の野菜を探してたらたまたま安かったので使いました)
ブラックペッパー

カレーに使う生姜とにんにくはチューブでもいいのですが、豚骨スープ用のものが十分余るのでカレー分にも回せばいいですし、やっぱり香りが全然違うので生のものがオススメですね!

わさび菜は、サニーレタスやほうれん草、小松菜など好きな葉物の野菜で代用可能なので、安売りしてる野菜を使ってください。
わさび菜にした理由はたまたま目に止まったからです。

・カレのベース用スパイス
※全部パウダースパイスを使用
ターメリック
クミン
パプリカ
レッドチリ
クローブ
ブラックペッパー

今回はクローブを入れてみました。
クローブは特徴的な強い香りがあって、抗菌作用や整腸作用があるのですが、肉の臭み消しにも使われるので豚骨スープと合うんじゃないかと思って入れてみました。
…が、思ったよりクローブの香りが強く出てしまったので、量を少なめにするか、思い切って入れなくても良いかもしれないです。

パプリカは、レッドチリ(赤唐辛子)の量を少なくして辛味を抑えたい時に、減らしたレッドチリの分だけ入れてあげるといいです。
なので、パプリカかレッドチリのどちらかが入っていれば大丈夫です(今回は着色料としての使用が強いですね)。

・麺
市販の中華麺

麺まで打つ気力はなかったので、スーパーで買ってきました。
中細の生麺を使うことにしました。

作ってみる

最初に豚骨の下処理を行います。
鍋に豚骨が全部浸かるくらいの水を入れて湯を沸かします。
沸騰したら、豚骨を入れて煮込みます。

途中、灰汁が出てくるので、お玉等ですくって取り出します。

灰汁が出なくなるか殆ど出ないなーって思えるくらいまで煮込み続けます(私の場合は30分近く煮込みました)。

下処理と言ってるくらいなので、実はこのあと今のお湯は捨ててもう一回煮込んじゃいます。これをしておくと豚骨臭さが格段に変わるのでひと手間かけておくわけです。

煮込んでいる間に、トッピング用の温玉を用意します。
別の鍋でお湯を沸かします。
お湯が沸騰したら、火を止めてそこに卵をそっと入れてあげます。
このまま予熱で15分温めてあげるだけです。

放置するほど、火が通って固くなるので時間になったら忘れずに上げるようにしましょう!
湯から出したあとは、水を張ったお茶碗に入れて予熱を取り、そのまま冷蔵庫に入れておきます。

さて、豚骨の方に戻ります。
灰汁が少なくなってきたのを確認したら、お湯を捨てて豚骨を取り出してあげます。

また鍋にお湯を入れてあげるのですが、まともに豚骨を煮込むと時間がすごくかかるので、楽するために今回は圧力鍋を使います。
ちなみにこちら、お気に入りのフィスラーの圧力鍋で、差し色の青が良くて一目惚れして、三井のアウトレットで服も買わずに購入した思い入れのある鍋です!
一家に一台圧力鍋を!というくらい、あると便利なので気が向いたら皆さんもどうぞ…!

圧力鍋に、豚骨とお水、スープ用の具材(八角と花椒は入れない)を入れて一旦沸騰させます。
お水は、豚骨530gに対しておおよそ2倍の1Lほど入れました。

沸騰したら蓋を締めて圧力をかけます。
圧力がかかり始めたら、弱火にして30分更に煮込みます。

区切りが付くので、一旦小休止しましょう。
私は好きなタカラの焼酎ハイボールでも飲んで一息付きます。
これくらい気楽に作るのが一番楽しくて美味しいです。ほんと。

小休止が済んだら、豚骨を煮込んでる間にカレーの方を作っていきます。
(カレーを作ってる間に30分経ったら、火を止めて圧力を抜いておいておくことを忘れずに!)

フライパンにサラダ油を気持ち多いくらいに入れて火にかけます。

油が温まったら、細かくし過ぎた玉ねぎと、塩を入れて中火で炒めます。玉ねぎから水が出ていても、一緒に炒めるようにするのがポイント。玉ねぎの旨味を捨てないためですね。
(油はねにはご注意を!)

前回のカレーの時のように、焦げそうになったら少量の水を入れてあげるのがポイント!

いい具合に色付いてきたら、にんにくと生姜を入れて炒めます。

馴染んできたら、刻んだトマトを入れて、トマトの水分が飛ぶまで炒めます。

スパイスと塩を入れて、これまた馴染むまで炒めます。

馴染んでもったりしたらベースの完成です!
なんだか味噌みたいですね…

ここからは、豚骨スープを仕上げていきます。
圧力が抜けて蓋を外したところのスープですが、まだ白く濁ってないので、ここから更に煮込んでいきます。
目標として、豚骨のとろみと白味が少し出たぐらいで、こってりし過ぎないのを目指しました。

このタイミングで、八角と花椒を入れて煮込みます。
そのまま入れてもいいんですが、この時はお茶っ葉用のパックに入れてあげました。あとから考えると、結局ザルに上げるのでパックに入れる意味はなかったです…

お玉等で、豚骨を押すように混ぜてあげます。
こうすると、豚骨の髄が出て豚骨スープ特有の癖ととろみが出てくるようになります。

具材の色味も出てるので、茶色っぽさも出てきましたが、豚骨からも色味出て濁ってきましたね。

好みのとろみ具合と、舐めてみて豚骨のこってり具合になっていたら煮込み終了です

ザルなどにいれて、豚骨や具材だけ取り出します。

これで豚骨スープは完成です!

鍋の中のガラ等を全部取り除いて、また鍋に移し替えて温めておきましょう。

そろそろ終盤です。
麺を茹でるので、お鍋に多めの湯を沸かしておきます。
沸騰したら麺を入れて茹でます。

麺を入れたら、すぐにかき混ぜておきます。
これを忘れると、麺が束のまま固まって茹で上がってしまうので必ずほぐすためにも混ぜてあげます。

茹で上がってすぐにスープを放り込めるように、ラーメンスープの準備です。

ラーメン鉢に、醤油と岩塩を入れてあげます。

今回岩塩を入れたのは、カレーベースを舐めて、塩っけが足りたいな…と感じたので入れました。
普通の塩ではない理由としては、岩塩の方が口当たりがいいからですね。
私の感覚ではあるんで人によって違うかもしれませんが、塩を入れるタイミングから口に運ぶまでの間が短い程、塩の違いがハッキリしてしまうので、イガイガしない岩塩を使いました。

作ったカレーも入れてあげます。

豚骨スープも入れて、よく混ぜます。
この時、スープを少し飲んでみて味が薄いと感じたら、岩塩で味を調整してください。

茹で終わった麺を入れて軽くスープと馴染むように混ぜてあげます。

トッピングのわさび菜、温玉、白ネギを乗せて、ブラックペッパーを軽くかけてあげて…
ついに完成!

食べてみたところ…
豚骨感はありつつも、カレーのスパイシー感も感じられて良い!
ただ、最初に書いたように、クローブの主張が強いので控えめにしないと苦手な人には辛いかもですね…
まだまだ改良の余地ありです。

出汁として花椒を入れましたが、そもそも入れてない場合も試さないと効果がわからない…笑
豚骨スープ単体で味見した時には花椒を感じられたのですが…
次回の課題ですね。

最後に…

本当はレシピまで落とし込めれば他の方も試してもらえるんで良かったんですけど、個人的には色々試してみるのは楽しかったんでそれはそれで良しとしましょうか。
普通に他のラーメンも作れる気がしてきましたし。

とりあえず、今回の反省点を踏まえてまた作ってみようかと思います。

次回ですが、今回カレーラーメンだったので、カレーパンあたりでも試してみようかな。
たまに見かけるパン粉が細かめのやつ、好きなんですよね。
出来たらまた記事にしますね(^^)

オマケ

別の日に作ったグリーンカレーラーメン

鶏ガラベースで、パクチーとか青唐辛子も使ってないので、変な癖や強い辛味はほとんどなしで、柚子胡椒入れると尚良しなお気に入りの一品。
こちらも機会があれば記事にしようかな。