yamada_yoshiki Posted by

おはようございます!こんにちは!こんばんは!おやすみなさい!
山田です。
前回に引き続き
part3ではSSHの接続方法を紹介します。

webサーバー構築手順

1.VPCの作成
2.EC2の作成
3.SSH接続
4.Apache,PHP7,MySQLのインストール
5.ドメイン名の取得とSFTP接続

コマンドラインからSSH接続する


下記コマンドを入力し、EC2インスタンスSSH接続します。

[ssh -i 相対パス/秘密鍵名.pem ec2-user@ECインスタンスのIPアドレス]
(例)ssh -i ./yamada1019.pem ec2-user@xx.xx.xx.xxx

SSH:安全にリモートコンピュータ(今回の場合はEC2)と通信するためのプロトコル(規格)

EC2の初期設定

[sudo yum -y update]コマンドyumアップデートします。

yum:CeontOSLinuxで利用されるパッケージ管理システム
(パッケージインストールアップデートアンインストールを行える)

ホスト名を変更


[sudo hostnamectl set-hostname 新しいホスト名]コマンド新しいホスト名設定します。

[hostname]コマンド新しいホスト名に変わっているか確認できます。

Timezoneを日本時間に設定

[sudo vi /etc/sysconfig/clock]コマンドで日本時間に設定します。
上記のコマンドを入力した後に[i]キーを押下し、入力モードにします。
入力モードに切り替えた後に/etc/sysconfig/clockファイルを編集します。

ZONE=”UTC” → ZONE=”Asia/Tokyo”
UTC=true → UTC=false

編集が完了すれば[Esc]キーを押下し[:wq]を入力して[Enter]で編集を終了してください。

ユーザーの追加


[sudo useradd ユーザー名]コマンドユーザーを追加します。
[sudo passwad ユーザー名]コマンドパスワードを設定します。
(パスワードは非表示になっているため注意)
[sudo visudo]コマンドで作成したユーザーにsudo権限を付与します。

sudo:一時的に管理者(root)権限で実行するときに使うコマンド


[sudo visudo]コマンドを実行した後に[i]キーを押下し、入力モードにします。
入力モードに切り替えた後に設定ファイルに下記の行を追加します。
[ユーザー名 ALL=(ALL)         NOPASSWD:ALL]
追加が完了すれば[Esc]キーを押下し[:wq]を入力して[Enter]で編集を終了してください。


[sudo usermod -aG wheel ユーザー名]コマンド新しく作成したユーザーwheelグループに追加します。
[groups ユーザー名]コマンドでユーザー名の所属するグループを確認できます。

wheelグループ管理者(root)権限を得ることが出来るグループ

SSHディレクトリをコピーする


[sudo rsync -avz ~/ .ssh/authorized_keys /home/ユーザー名/.ssh/]コマンドsshディレクトリをコピーします。
[sudo chown -R ユーザー名:ユーザー名 /home/ユーザー名/.ssh]コマンドでコピーしたsshディレクトリの所有者を新しいユーザーにします。

[logout]コマンドec2-userログアウトします。

[ssh -i 相対パス/秘密鍵名.pem ユーザー名@ECインスタンスのIPアドレス]コマンドで先ほど追加した新しいユーザーログインできれば終了です。

最後に

今回はSSHの接続方法を紹介しました。

さて、part4では今回作成したsudoユーザーSSHログインApache,PHP7,MySQLのインストールをします。